Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2014.6.24号(6/17発売)

特集:イラクの戦慄

2014年6月24日号(6/17発売)

Cover Story

イラクの首都バグダッドに迫る残虐集団ISIS──
テロリスト支配国家の誕生という新たな脅威が世界を襲う?

イラク テロリスト国家誕生の恐怖

中東 イラク撤退の決断は誤りだった

世界で増殖する差別と憎悪

社会 寛容さの喪失とSNSで世界にヘイトスピーチが蔓延する
日本 「反ヘイト」という名のヘイト
PERISCOPE
InternationaList
PAKISTAN 無人機復活で消えるパキスタン和平
IRAQ イラクを追い込んだISISの正体
AFGHANISTAN アフガンは「イラクにならない」
EGYPT エジプトはやっぱりセクハラ大国
BRAZIL ブラジルの記者は戦争特派員より危険
THE UNITED STATES 
    アメリカに広がるイラク疲れ
IRAQ クルドに独立のチャンス到来?
Asia
SOUTH KOREA 「デモ禁止」は民主主義軽視?
CHINA 慰安婦と南京虐殺をなぜ世界遺産にしたいか
CHINA インドに急接近する中国のリセット外交
Business
世界で最も危ない通貨ビットコインが合法化?
米サブプライム復活より怖い中国不動産バブル
People
アンジー失言で台湾独立派のレッテル、ほか
FEATURES
新刊 ヒラリーの見えない本音
分析 黒帯プーチンの行動原理
インドネシア スマホ人気で島は地獄に
技術 プログラミング言語が不要になる日
トレンド 韓国の止まらないスタバ愛
東洋医学 進化する漢方薬で世界を狙え
科学 脳アプリで最高のプレーを
CULTURE
Travel 『アナ雪』人気でノルウェー観光熱
Movies 『私の、息子』の恐るべき愛と毒
Movies 不快なリメーク版『オールド・ボーイ』
Television マルコビッチの新作は支離滅裂
Food 美食の国を揺るがすフレンチの評価
【お知らせ】6月24日号32頁記載の事件につき、校了後に「処分保留」(継続捜査中)と発表されました。

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 5

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 9

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 10

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!