コラム

トランプノミクスで米中貿易戦争が勃発? 交代したグローバル経済の主役

2017年01月19日(木)18時30分
トランプノミクスで米中貿易戦争が勃発? 交代したグローバル経済の主役

トランプの発言で市場は一喜一憂 Toru Hanai-REUTERS

<怪しげな経済政策でアメリカ経済が合理性も力も失うなか、AIIBと一帯一路ですかさず世界一を目指す中国・習近平>

 スイスのスキーリゾート、ダボスで開幕した世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で17日、中国の習近平国家主席は英小説家チャールズ・ディケンズの『二都物語』から「それは最良の時代でもあり、最悪の時代でもあった」という有名な冒頭の一文を引いて、演説を始めた。

 習近平はそれ以上の引用は避けたが、『二都物語』ではそのあとに「英知の時代でもあり、愚鈍の時代でもあった」と続く。米大統領選のキャンペーンでメキシコやイスラム系移民への排外主義をまきちらし、グローバル経済に背を向け大声で保護主義を唱えたドナルド・トランプ次期大統領と自身を対比してみせた。

【参考記事】【ダボス会議】中国が自由経済圏の救世主という不条理

 共産主義の看板を公式にはまだ下ろしていない中国の国家主席がグローバル経済の聖地とも言えるダボス会議に出席するのは初めて。膨大な貿易黒字を積み上げる中国は国際社会で孤立するのを恐れて、国家主席と首相が欧州詣でを重ねてきた。

 米中欧の3極(G3)の中で欧州との距離を縮め、できれば米欧の間にクサビを打ち込みたいという中国の深謀遠慮が働く。米国が「世界の警察官」からだけでなく、それに続いてグローバル経済の先頭ランナーからも下りるというのだから、米国と対等の「新型大国関係」を築きたい中国にとっては願ってもないチャンス到来である。

中国が見下すトランプノミクス

「世界を混乱させている問題はグローバリゼーションが原因ではありません。問題はグローバリゼーションがもたらす必然の結果ではないのです」「貿易戦争に勝者はいません。貿易の国際競争力を増すために通貨戦争を始めるつもりもありません」

「中国は門戸を開放し続けます。中国は他の国々にも中国の投資家に対して門戸を開き続け、中国に活動する場所を残すことを望んでいます」。今後5年間で中国の輸入は総額8兆ドルに達し、対外直接投資は対内直接投資の6千億ドルを上回って7500億ドルになると習近平は胸を張った。

kimura201701191601.jpg
出所:IMFデータをもとに筆者作成

 国際通貨基金(IMF)世界経済見通しの最新データをもとに作成したグラフから米国と中国の経済力を比較してみよう。昨年の名目国内総生産(GDP、米ドルベース)でこそ米国は約18兆ドルと中国の約11兆ドルを上回っている。

 しかし為替変動の影響を排除した購買力平価(PPP)で見た場合、米中逆転は2014年にすでに起きている。21年には中国20%、米国14%とその差は拡大する。20年代の半ばには名目GDPでも米中逆転が起きる。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

経済連携協定は成長エンジン、TPP11早期合意目指

ビジネス

タクシーはセダンからワゴンへ、トヨタが新型車発売 

ビジネス

焦点:日経平均が最長の15連騰、与党勝利の安心感 

ワールド

フィリピン、マラウィでの作戦終了宣言 IS系勢力を

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!