コラム

密航拠点の難民キャンプ「ジャングル」を撤去しても根本問題は解決しない

2016年10月27日(木)15時38分
密航拠点の難民キャンプ「ジャングル」を撤去しても根本問題は解決しない

閉鎖された仏カレーの難民キャンプからよそへ移送される難民たち Pascal Rossignol-REUTERS

<イギリスに渡る希望を胸に押し寄せた難民数千人が身を寄せ、時にはイギリス行きのトラックや高速鉄道に飛び乗ろうとしたフランス側の国境の町カレーの難民キャンプが撤去された。フランスもイギリスも受け入れたがらなかった難民たちは、とりあえずフランス各地の宿泊施設に移送されるが、その先の見通しはまったく立たない>

 英タブロイド紙が「ドーバー海峡を越えて難民が押し寄せる」と執拗にネガティブキャンペーンを繰り返してきたフランス北部の港湾都市カレーにある難民キャンプが撤去された。10月24日から3日間にわたった難民移送と撤去作業は、テントに火が放たれて黒煙が上がったものの、想像していた以上に穏やかに進められた。

 地元当局は難民計4404人をフランス各地450カ所にある宿泊施設に移すとともに、孤児1200人を近くの施設に保護した。民間支援団体は孤児約100人が取り残されていると指摘しているが、催涙弾や放水銃が使用されることもなく、警官隊と難民が衝突する場面もなかった。

ジャングルと呼ばれる難民キャンプ

 テントに火が放たれたのは難民の間に伝わる習わしだという。フランスのオランド大統領も強硬策が難民とホスト国の間にくさびを打ち込みたいテロリストを喜ばせるだけだということを学び、賢明なソフトアプローチに転換したようだ。

kimurananmin.jpg
EUの難民1次申請者 Masato Kimura 作成

 シリア内戦の激化で未曾有の難民が欧州に押し寄せ、昨年8月から1年間に、ドイツの67万8005人を筆頭にスウェーデンでは13万6580人が、フランスでも7万7605人が難民認定の1次申請を行った。「ジャングル」と呼ばれるカレーのキャンプには隙あらば、英国への密入国を試みる難民が滞留している。

 今年8月、そのジャングルを訪れた。野営テントが文字通り、ジャングルのように密集している。衛生状態も良くなく、すえた臭いが漂う。今年になって6千人から4500人に減っていた難民の数が一気に1万人近くまで激増した。

kimurajungle-2.jpg
仏カレーの難民キャンプ「ジャングル」 Masato Kimura

イギリス行きの甘い期待

 英国が欧州連合(EU)から離脱すれば、海峡を渡る前に仏カレー側で行っていた国境管理の手続きは英国ドーバー側に移される――と、EU残留派のキャメロン首相(当時)が国民投票のキャンペーンで散々、脅しの手口に使ったことが背景にある。

 03年に英仏間で結ばれたル・テュケ条約に基づき、難民はこれまでカレー側に留め置かれていた。しかしフランスが条約を撤回すればとにかく英国側に渡れるという噂が一気に広がった。ジャングルの入り口には警官隊がバスを止め、監視に立っていた。

 高速道路のすぐそばにあった南半分の掘っ立て小屋やテントは今年2月以降、強制撤去され、難民の多くは新設された白いコンテナ宿泊施設に移された。コンテナ宿泊施設の区画に入るには出入り口の指紋認証システムを通らなければならない。過激派組織ISなどがジャングルに潜入するのを防ぐためだ。

kimurajungle-1.jpg
撤去される前のジャングル Masato Kimura

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

焦点:中国自動車メーカー、ついに夢の欧米市場進出か

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!