ニュース速報

ワールド

シリア軍、「イスラム国」からパルミラ奪還 ロシアが空爆支援

2016年03月28日(月)10時27分

 3月27日、 シリア政府軍は、ロシア軍の空爆支援を受け、ISの支配下にあった中部の古代都市パルミラを奪還した。写真はシリア軍兵士がパルミラの美術館を歩く様子。提供写真。(2016年 ロイター)

[ベイルート 27日 ロイター] - シリア政府軍は27日、ロシア軍の空爆支援を受け、過激派組織「イスラム国」(IS)の支配下にあった中部の古代都市パルミラを奪還した。

シリア軍の司令官は、ISのパルミラ撤退が同組織にとって「致命的な一撃」となったと述べた。今後パルミラを拠点とし、ラッカとデリゾールに向けて対ISの軍事行動を拡大していくと表明した。

非政府組織「シリア人権監視団」は、パルミラ東部で戦闘が続いているものの、IS部隊の大半が東に撤退していったと発表。アブドルラフマン代表は、パルミラでの戦闘でIS側に400人の死者が出たとし、約2年前にISが国家建設を宣言して以来、最大規模の死者数となったと述べた。政府軍側の死者数は約180人だという。

ISは昨年、パルミラを制圧し古代遺跡の建造物を複数破壊した。シリア当局は建造物を修復すると明らかにしている。

ISはイラクでの要衝だったラマディからも約3カ月前に撤退した。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

カタルーニャ州議会選、独立賛成派が僅差で敗北へ=世

ビジネス

中国自動車販売、11月は前年比+0.7% 通年の伸

ビジネス

ECBの不良債権処理指針、導入は数カ月延期へ―ヌイ

ビジネス

フランス成長率予想、第4四半期は0.5%=中銀

MAGAZINE

特集:コロンビア大学特別講義 戦争の物語

2017-12・12号(12/ 5発売)

76年前の真珠湾攻撃は「奇襲」? 「だまし討ち」? 米コロンビア大の歴史学者が説く歴史と記憶の違いとは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 3

    ティラーソンが去り、また軍人がやって来る

  • 4

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    エルサレムをめぐるトランプ宣言の行方──意図せず招…

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

  • 5

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 6

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 9

    応急処置で肺に針を 北朝鮮亡命兵士、救出から6時間…

  • 10

    トランプが「エルサレム首都」認めれば中東は火薬庫…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!