ニュース速報

ワールド

トルコ中銀、上限金利をより大幅に下げるべきだった=大統領側近

2016年03月25日(金)19時29分

 3月25日、トルコ中央銀行が24日の政策理事会で翌日物貸出金利を25ベーシスポイント引き下げたことについて、トルコのエルドアン大統領(写真)の側近は、もっと大幅に引き下げるべきだったとの見方を示した。アンカラで16日撮影(2016年 ロイター/Umit Bektas)

[アンカラ 25日 ロイター] - トルコ中央銀行が24日の政策理事会で翌日物貸出金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げたことについて、トルコのエルドアン大統領の側近は25日、もっと大幅に引き下げるべきだったとし、25bpの下げ幅では経済への影響という点で十分ではない、との見方を示した。

側近のセミル・エルテム氏は、地元テレビの番組で、同金利を75bp引き下げていれば、金融市場により好感されただろうと指摘した。

トルコ中銀は24日の理事会で、主要政策金利を13カ月連続で据え置く一方で、上限金利である翌日物貸出金利は25bp引き下げた。

翌日物貸出金利の引き下げは象徴的な行動であり、エコノミストらは、エルドアン大統領からの政治圧力をかわすため、と指摘している。

24日はバシュチュ総裁にとって現在の任期における最後の理事会だった。来月19日の任期満了後も続投するのか市場は注目している。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

トランプ氏「NAFTA再交渉可能」、条件合意失敗な

ワールド

安倍氏が挑発行動回避訴え、プーチン氏「6カ国協議再

ビジネス

ECBが緩和姿勢維持、総裁「下振れリスクは後退」

ビジネス

ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

    • 3

      北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

    • 4

      北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

    • 5

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

    • 6

      アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

    • 7

      北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

    • 8

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

    • 9

      北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

    • 10

      フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

    • 3

      ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

    • 4

      北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

    • 5

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

    • 6

      15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

    • 7

      北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

    • 8

      北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

    • 9

      オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

    • 10

      ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!