ニュース速報

ワールド

アングル:イランの改革派躍進、貿易や投資に追い風 保守支配は不変

2016年03月02日(水)16時24分

 2月29日、26日投票のイラン国会と専門家会議の同時選挙で、ロウハニ大統領を支持する穏健・改革派が躍進し、大統領と対立する保守強硬派は退潮が鮮明となった。写真はイラン国旗。ウィーンで1月撮影(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ベイルート 29日 ロイター] - 26日投票のイラン国会と専門家会議の同時選挙で、ロウハニ大統領を支持する穏健・改革派が躍進し、大統領と対立する保守強硬派は退潮が鮮明となった。これを受け、主要国との核合意に基づく制裁解除を実現させた現政権による国際社会への関与が一段と深まる可能性がある。

何年も孤立してきたイランにとってこの選挙は重大な岐路となり、ロウハニ政権や同政権の対外融和政策に対する信任投票の意味があると専門家は指摘していた。

ただ、イスラム共和国を掲げるイランには共和制と宗教界による二重の支配構造があり、最高指導者ハメネイ師に近い保守強硬派が決定的な権力を握っていることに変わりはない。

再選されなかった議員の大半は核合意に強く反対する立場だった。落選したある議員は交渉に当たったザリフ外相を裏切り者と呼び、別の議員は世界の強国相手に譲歩したと主張し、交渉人をセメントで埋めるとすごんだ。

改革派を支持する「マルドムサラリ」紙は、社説の中で「今回の選挙はイラン・イスラム共和国の歴史の転換点となり得る」と述べた。同紙編集長は首都テヘランで議席を獲得した。

編集長は「この選挙の最大の功績は改革派が支配層に戻り、もう扇動者や侵入者呼ばわりされないことだ」と語った。保守強硬派が改革派は西側の回し者だと批判していたことを指す。

次の最高指導者を選出する権限がある専門家会議(定数88)の選挙で、ロウハニ大統領率いる中道・穏健派は、テヘランの16議席中、15議席を獲得した。落選した議員の中には、専門家会議のヤズディ議長や、アフマディネジャド前大統領を支えた宗教学者のメスバヤズディ師など、保守強硬派の重鎮が含まれていた。

唯一の例外として護憲評議会のジャナティ議長が16議席目に滑り込んだ。保守派が支配する護憲評議会は選挙立候補者の事前審査などを行うが、改革派や穏健派の多くの候補を不適格として承認しなかった。

イラン国会(定数290)の選挙でも、内務省が発表した開票結果によると、改革派がテヘラン選挙区の全30議席を獲得。前回のわずか2議席から大躍進した。

首都以外では穏健派のリードが限定的となり、国会と専門家会議のいずれでも保守派が多くの議席を守った。

ファズリー内相は「健全で合法的でとても良い選挙だった」と述べた。投票率は62%だった。

反欧米の立場をとる最高指導者ハメネイ師は、選挙後初めてのコメントで投票率の高さを評価した。開票結果には直接触れず、新たに選出された国会と専門家会議が西側の影響を受けるべきでないことを示唆した。

外資を呼び込むためにロウハニ大統領が打ち出した新たな石油・天然ガス開発契約に反対していた保守派の有力議員らも落選した。

これにより、外国からの投資や西側諸国との貿易を促進するために経済政策を転換する道が開かれると、実業家やアナリストは指摘する。

改選前の議会は、現政権が進める民間セクターの強化や汚職対策、外資誘致にとってブレーキとなってきた。

「新しい議会ははるかに良い経済情勢をもたらす」と改革派のハタミ元大統領の顧問を務めたサイード・レイラズ氏は指摘する。

地元メディアがハタミ元大統領の名前を出すことや写真を公開することは禁止されている。そのためハタミ師はインターネット上で29日声明を出し、開票結果についてイラン国民を称賛し、当選した議員らが経済発展や政治的自由への取り組みを推進するように求めた。

最高指導者ハメネイ師に近い「ケイハン」紙の編集責任者は、改革派が「勝利したという錯覚」を生み出していると非難した。

この責任者は「イランの統治制度では、いずれの政治党派も基本原理に根差した主要な政策を変えることはできない。国民の投票は憲法の範囲内で与えられた責務に限定される」と書き記した。

同国の政治制度は保守派に大きな権限を委ねており、例えば護憲評議会は、議会で可決されたすべての法律を審査する権限を持つ。

これまでの開票結果をロイターが集計したところ、ロウハニ大統領の陣営と独立系勢力の躍進が目立った。改革派が全議席のうち30%、保守派が40%、独立系が17%を占め、残る13%は決選投票をする必要がある。また女性が12議席以上を獲得した。

改選前は、改革派議員が占める割合は10%に満たなかった。

アナリストは独立系議員が多数当選したことが重要だと指摘する。ロウハニ陣営に協力して多数派を形成する可能性があるためだ。

政治アナリストのHamid Farahvashian氏は「新しい議会の正確な姿が明らかになるまでに数カ月かかる。独立系議員が議会の決定に重要な役割を果たすだろう」と述べた。

(Babak Dehghanpisheh記者 翻訳:長谷川晶子 編集:加藤京子)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、来年は2回の利上げ実施の見通し=ブラック

ビジネス

英中銀、性急な利上げはリスク伴う=ハルデーン理事

ビジネス

ブレイナードFRB理事、「フィンテック」の恩恵とリ

ビジネス

米雇用者数、11月は17.8万人増 失業率は約9年

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだった

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    7年後はマイルで宇宙へ? ANAとHIS、有人宇宙機運…

  • 6

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    警官の集団墓地、石打ち、化学兵器──ISIS最大拠点モ…

  • 10

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 1

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系シンクタンクが分析

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 4

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 5

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    米国へ向かう中米移民急増 トランプ就任目前で駆け…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 6

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 7

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 8

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 9

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!