ニュース速報

ワールド

中国の兵器輸出、過去5年間に急増=報告書

2016年02月22日(月)11時53分

 2月22日、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表した兵器取引に関する報告書によると、2011─2015年の中国による兵器輸出量が、2010年までの5年間に比べて88%増加した。写真は北京で10月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[北京 22日 ロイター] - スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表した兵器取引に関する報告書によると、2011─2015年の中国による兵器輸出量が、2010年までの5年間に比べて88%増加した。

輸出量は世界全体の5.9%を占め、輸出国としては米国、ロシアに次ぐ3位。米国とロシアの輸出量はそれぞれ27%と28%増加した一方、4位と5位の輸出国であるフランスとドイツの輸出量は減少した。

SIPRIの兵器・軍事支出プログラムの上級研究員シーモン・ウェズマン氏は「中国の輸出は10年前までは低技術の兵器のみだった」と指摘。「(同国が現在)製造する兵器は10年前に比べてはるかに高技術で、一部の大規模市場の関心を集めている」と述べた。

中国の輸出の大半はアジアとオセアニア向けだった。パキスタンが35%とトップの輸出先で、バングラデシュとミャンマーが続いた。

一方、中国の2011─2015年の兵器輸入量は、それまでの5年間と比べて25%減少した。

同国の2015年の軍事予算は前年比10%増の計8869億元(約1414億5000万ドル)だった。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

海上自衛隊と米空母が共同訓練開始、北朝鮮に圧力

ワールド

アングル:仏大統領選でも大量の偽ニュース、次はドイ

ビジネス

焦点:前途多難の「メイド・イン・アメリカ」

ビジネス

G20閉幕、麻生財務相「保護主義強まらず」 中国に

MAGAZINE

特集:トランプ vs 北朝鮮

2017-4・25号(4/18発売)

北朝鮮が核実験に踏み切れば単独行動も辞さない── トランプは米軍による先制攻撃を決断するのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 2

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国の対応を評価

  • 3

    「メイド・イン・アメリカ」 価格競争で労働者をロボットに置き換え

  • 4

    フランス大統領選で注目すべき「4強」と3つのデータ

  • 5

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 6

    海上自衛隊が米空母カールビンソンと共同訓練開始 …

  • 7

    フランス大統領選でもはびこる偽ニュース 次はドイ…

  • 8

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 9

    フランス大統領選、マクロンとルペンがリードするも…

  • 10

    安保理で北朝鮮ミサイル発射の非難声明 文言巡り米…

  • 1

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    オバマ政権は北朝鮮ミサイル実験をサイバー攻撃で妨害していた

  • 4

    中国は米国に付くと北朝鮮を脅したか?――米朝戦争に…

  • 5

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 6

    北朝鮮「米行動なら全面戦争」、米ペンス副大統領は…

  • 7

    北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか?

  • 8

    ISISの終わりが見えた

  • 9

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 10

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 1

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 2

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 3

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 4

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 5

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 6

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 7

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 8

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 9

    ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

  • 10

    北朝鮮がミサイル発射失敗、直後に爆発 米副大統領…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!