ニュース速報

ワールド

インド、観測衛星の運用拠点をベトナムに建設 画像データ提供へ

2016年01月26日(火)13時24分

 1月25日、写真はインド国旗。昨年8月撮影(2016年 ロイター/Adnan Abidi)

[ニューデリー/香港 25日 ロイター] - インドは人工衛星を追跡し、画像を受信するセンターをベトナム南部に設立する考えだ。インドが打ち上げる地球観測衛星から中国や南シナ海を含むアジア全域を撮影し、ベトナム政府から敷地の提供を受ける代わりに、こうした画像へのアクセスを提供するという。インド政府高官が明らかにした。

中国との領有権争いを続けるインド・ベトナム両国の結びつきが深まることになり、中国側の反発を招く可能性もある。

地球観測衛星は農業、科学、環境などの分野に利用されており、このセンターも民生用施設とされている。しかし安全保障専門家は、画像化技術の向上により、画像を軍事目的に使うことも可能だと話す。

特にベトナム政府は、南シナ海の領有権をめぐって中国との緊張が高まっており、高度な情報収集・監視・偵察技術を必要としていたと専門家は指摘する。

ラジャラトナム国際研究院(シンガポール)の海上安全保障専門家コリン・コー氏は「軍事面から見ると、この動きは相当大きな意味持つのではないか。ベトナムにとっては重要な穴を埋め、インドにとっては範囲を拡大することになり、ウィンウィン(両者にプラス)のように見える」と述べた。

インド政府高官によると、インド宇宙研究機関(ISRO)が資金を出して、ベトナム・ホーチミン市に衛星追跡・データ受信センターを建設する。同国メディアは費用を約2300万ドルと試算している。

インドは54年の歴史を持つ宇宙計画を加速させている。毎月1基の衛星打ち上げを計画し、飛行の初期段階を追跡する地上管制センターをインド洋のアンダマン・ニコバル諸島やブルネイ、インドネシア東部のビアク島、モーリシャスに設置している。

ただ、他の海外拠点とは異なり、ベトナムの施設には地球観測衛星からの画像データを処理する設備があるという。

政府高官は、このセンターの運用開始時期は明らかでないとした。

ベトナム外務省は計画について認めたが、詳細は明らかにしなかった。

中国外務省の華春瑩報道官は定例記者会見で、中国はこの施設が「地域の協力を前進させるのにプラスの貢献をする」ことを期待すると述べた。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英自爆攻撃で犠牲になった人たち、8歳少女や3児の母

ワールド

北朝鮮問題、対話の試みは時間稼ぎに利用された=安倍

ワールド

トランプ氏「北朝鮮は大きな問題」、安倍氏と制裁強化

ビジネス

米GDP第1四半期1.2%増に上方改定、弱含み一時

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもしれない

  • 4

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 5

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 6

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNAT…

  • 7

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 8

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 9

    「酒の安売り許さん!」の酒税法改正は支離滅裂

  • 10

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!