ニュース速報

ワールド

インド、観測衛星の運用拠点をベトナムに建設 画像データ提供へ

2016年01月26日(火)13時24分

 1月25日、写真はインド国旗。昨年8月撮影(2016年 ロイター/Adnan Abidi)

[ニューデリー/香港 25日 ロイター] - インドは人工衛星を追跡し、画像を受信するセンターをベトナム南部に設立する考えだ。インドが打ち上げる地球観測衛星から中国や南シナ海を含むアジア全域を撮影し、ベトナム政府から敷地の提供を受ける代わりに、こうした画像へのアクセスを提供するという。インド政府高官が明らかにした。

中国との領有権争いを続けるインド・ベトナム両国の結びつきが深まることになり、中国側の反発を招く可能性もある。

地球観測衛星は農業、科学、環境などの分野に利用されており、このセンターも民生用施設とされている。しかし安全保障専門家は、画像化技術の向上により、画像を軍事目的に使うことも可能だと話す。

特にベトナム政府は、南シナ海の領有権をめぐって中国との緊張が高まっており、高度な情報収集・監視・偵察技術を必要としていたと専門家は指摘する。

ラジャラトナム国際研究院(シンガポール)の海上安全保障専門家コリン・コー氏は「軍事面から見ると、この動きは相当大きな意味持つのではないか。ベトナムにとっては重要な穴を埋め、インドにとっては範囲を拡大することになり、ウィンウィン(両者にプラス)のように見える」と述べた。

インド政府高官によると、インド宇宙研究機関(ISRO)が資金を出して、ベトナム・ホーチミン市に衛星追跡・データ受信センターを建設する。同国メディアは費用を約2300万ドルと試算している。

インドは54年の歴史を持つ宇宙計画を加速させている。毎月1基の衛星打ち上げを計画し、飛行の初期段階を追跡する地上管制センターをインド洋のアンダマン・ニコバル諸島やブルネイ、インドネシア東部のビアク島、モーリシャスに設置している。

ただ、他の海外拠点とは異なり、ベトナムの施設には地球観測衛星からの画像データを処理する設備があるという。

政府高官は、このセンターの運用開始時期は明らかでないとした。

ベトナム外務省は計画について認めたが、詳細は明らかにしなかった。

中国外務省の華春瑩報道官は定例記者会見で、中国はこの施設が「地域の協力を前進させるのにプラスの貢献をする」ことを期待すると述べた。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:プーチンの世界戦略

2016-9・27号(9/21発売)

シリア内戦からアメリカ大統領選まで世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

人気ランキング

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    米大統領選のテレビ討論会、過去最高の1億人が視聴か

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    トランプ当選の可能性はもうゼロではない

  • 6

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 7

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 8

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 9

    Jリーグ、そして東京オリンピックで活躍が期待される「スマートスタジアム」とは

  • 10

    AIに奪われない天職の見つけ方 「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」(榎本英剛著)

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!