ニュース速報

ワールド

インド、観測衛星の運用拠点をベトナムに建設 画像データ提供へ

2016年01月26日(火)13時24分

 1月25日、写真はインド国旗。昨年8月撮影(2016年 ロイター/Adnan Abidi)

[ニューデリー/香港 25日 ロイター] - インドは人工衛星を追跡し、画像を受信するセンターをベトナム南部に設立する考えだ。インドが打ち上げる地球観測衛星から中国や南シナ海を含むアジア全域を撮影し、ベトナム政府から敷地の提供を受ける代わりに、こうした画像へのアクセスを提供するという。インド政府高官が明らかにした。

中国との領有権争いを続けるインド・ベトナム両国の結びつきが深まることになり、中国側の反発を招く可能性もある。

地球観測衛星は農業、科学、環境などの分野に利用されており、このセンターも民生用施設とされている。しかし安全保障専門家は、画像化技術の向上により、画像を軍事目的に使うことも可能だと話す。

特にベトナム政府は、南シナ海の領有権をめぐって中国との緊張が高まっており、高度な情報収集・監視・偵察技術を必要としていたと専門家は指摘する。

ラジャラトナム国際研究院(シンガポール)の海上安全保障専門家コリン・コー氏は「軍事面から見ると、この動きは相当大きな意味持つのではないか。ベトナムにとっては重要な穴を埋め、インドにとっては範囲を拡大することになり、ウィンウィン(両者にプラス)のように見える」と述べた。

インド政府高官によると、インド宇宙研究機関(ISRO)が資金を出して、ベトナム・ホーチミン市に衛星追跡・データ受信センターを建設する。同国メディアは費用を約2300万ドルと試算している。

インドは54年の歴史を持つ宇宙計画を加速させている。毎月1基の衛星打ち上げを計画し、飛行の初期段階を追跡する地上管制センターをインド洋のアンダマン・ニコバル諸島やブルネイ、インドネシア東部のビアク島、モーリシャスに設置している。

ただ、他の海外拠点とは異なり、ベトナムの施設には地球観測衛星からの画像データを処理する設備があるという。

政府高官は、このセンターの運用開始時期は明らかでないとした。

ベトナム外務省は計画について認めたが、詳細は明らかにしなかった。

中国外務省の華春瑩報道官は定例記者会見で、中国はこの施設が「地域の協力を前進させるのにプラスの貢献をする」ことを期待すると述べた。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米7月中古住宅販売3.2%減、予想を超える落ち込み

ビジネス

財務省、国債利払いの積算金利0.4%引き下げ=17

ビジネス

インタビュー:-ドイツ各行の預金手数料検討に理解=

ビジネス

日銀、成長支援目的のドル資金供給を10月に追加実施

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 9

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 10

    テスラ、大容量充電池を発表 世界最高の加速力と航続距離500kmを実現

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!