ニュース速報

ビジネス

日経平均は続伸、約1カ月ぶりの高値 米株高と円安で心理好転

2017年09月13日(水)16時33分

 9月13日、東京株式市場で日経平均は3日続伸。終値では8月8日以来約1カ月ぶりの高値水準となった。前日の米国株式市場で主要3指数はそろって最高値を更新した。写真は都内で2015年10月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日続伸。終値では8月8日以来約1カ月ぶりの高値水準となった。前日の米国株式市場で主要3指数はそろって最高値を更新した。為替も1ドル110円台まで円安に振れ、外部環境を追い風とした買いが先行した。指数は金融株や電機株の一角、不動産株の一段高で後場に上げ幅を拡大、一時112円超高となる場面があったが、買い一巡後は戻り売りに押され伸び悩んだ。

TOPIXも3日続伸。セクター別では、証券、不動産、銀行が上昇率の上位だった。半面、空運、パルプ・紙、その他金融が軟調。

日経平均はきょうまでの3日間で600円近く急騰している。1万9800円を超えた水準では戻り売り圧力が強く、「2万円を回復するのは来週の米FOMC(連邦公開市場委員会)を通過してからだろう」(国内証券)との声が聞かれた。

大和証券シニアストラテジストの石黒英之氏は「東証の空売り比率の5日移動平均は先週末時点で43%ほどで、空売りの買い戻しが入っているようだ。同移動平均が35─36%ぐらいまで落ちなければ買い戻しは一巡したといえず、まだ余力はありそうだ」と話している。

個別銘柄では、日本郵政<6178.T>が続伸。2015年11月4日の上場時の売り出し価格1400円を一時回復し、取引時間中としては1カ月ぶりの高値水準を付けた。11日に財務省が政府保有の日本郵政株を追加売却すると正式発表。1.3兆円の売り出しとともに、日本郵政が1000億円の自社株買いを実施し、復興財源を確保する。事前報道で売られており、需給的に「売り方の買い戻しが入りやすい」(国内証券)との声が出ていた。

半面、九州電力<9508.T>は反落。12日に2018年3月期の連結営業利益が前年比22.5%減の950億円との見通しを発表した。従来は玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の再稼働時期が見通せないため未定としていた。電力システム改革に伴う諸経費の増加などが響くという。減益予想を嫌気した売りが出ている。未定だった配当は前年比5円の増配とした。

東証1部の騰落数は、値上がり1314銘柄に対し、値下がりが594銘柄、変わらずが118銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      19865.82 +89.20

寄り付き    19873.69

安値/高値   19845.02─19888.84

TOPIX<.TOPX>

終値       1637.33 +9.88

寄り付き     1636.23

安値/高値    1634.58─1639.54

東証出来高(万株) 160511

東証売買代金(億円) 20498.19

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米本土に到達可能な弾道ミサイルを年内に開発

ワールド

豪経済、適度なペースで拡大へ 金融・財政支援の継続

ワールド

OPEC目標下回るベネズエラの産油量、イラクなどが

ビジネス

ドル112円付近で底堅い、安倍首相の発言には反応薄

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    20年以内に、人々の主要なタンパク源は昆虫になる──…

  • 6

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    制作に200億投資、爆走アベマTVは「稼げるメディア」…

  • 9

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!