ニュース速報

ビジネス

米テスラ、株価最高値更新で時価総額はGM抜き業界首位

2017年04月11日(火)08時15分

 4月10日、米株式市場で電気自動車(EV)メーカーのテスラが終値としての過去最高値を更新し、時価総額でゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて米自動車業界の首位に立った。写真はテスラのロゴ。NY市で昨年4月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[サンフランシスコ 10日 ロイター] - 10日の米株式市場で電気自動車(EV)メーカーのテスラが前営業日比3.26%高の312.39ドルで取引を終了し、終値としての過去最高値を更新した。時価総額は508億8700万ドルとなり、508億8600万ドルのゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて米自動車業界の首位に立った。

テスラ株は過去1カ月間で35%上昇。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)率いる同社が自動車業界とエネルギー業界に改革をもたらすとの見方から、同社株を買う動きが広がった。

テスラの時価総額は現在、2018年の生産計画の1台当たりで10万2000ドル、昨年販売した1台当たりでは66万7000ドルとなる。これに対しGMの時価総額は昨年販売した1台当たりで5000ドルにとどまる。

テスラの支持者は、同社がエネルギーおよび輸送の両セクターにまたがる大型株になると予想。テスラの長期的な成長見通しに基づけば、現在のバリュエーションは妥当と主張している。太陽光発電設備のソーラーシティ買収に伴う事業機会や、ネバダ州でのリチウムイオン電池セルの本格生産開始によるコスト削減も、同社株を有望視する要因という。

パイパー・ジェフリーのアナリスト、アレクサンダー・ポッター氏は10日、リポートに「すべてのリスクを踏まえても、成長を重視する投資家はこの銘柄を無視するわけにはいかない、と当社は考えている」と記し、同社株の投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェート」に引き上げた。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 2

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」と…

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!