ニュース速報

ビジネス

NY市場サマリー(18日)

2016年03月19日(土)08時01分

[18日 ロイター] - <為替> 前日に1年5カ月ぶり安値をつけたドル/円が上昇した。日本当局が円高にどう対応するかに注目が集まった。ドルは、大半の主要通貨に対しても上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が世界市場動向に慎重な見方を示し、ドルが2日連続で売られていたが、ショートカバーが入った。ドル/円は0.3%高の111.75円。前日安値の110.65円からさらに値上がりした。ただ週間では約2%安で、5週間ぶりの大幅下落となった。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.4%上昇した。

NY外為市場:[USD/J]

<債券> 国債価格が5日続伸。米連邦準備理事会(FRB)による年内の利上げ回数が当初の見通しより少なくなるとの見方が広がるなか、買いが優勢となった。週間では10年債利回りが2月中旬以来の下げ幅となったほか、2年債利回りは2014年10月以来、約1年半ぶりの大幅な下げを記録した。FRBが16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に公表したドット・プロット(今後の政策金利の推移を点で示したグラフ)によると、年内の利上げ回数は2回が見込まれている。CMEフェドウオッチによると、金利先物市場が織り込む6月利上げの確率は42%(前日は43%)、12月までの追加利上げの確率は72%となっている。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式> 主要3指数が続伸して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が16日により緩やかな利上げペースを示唆したことに加え、経済の先行きに明るさがみえることが株価を押し上げている。S&P総合500種指数は18日、今年初めて昨年末比でプラス圏に浮上した。ダウ工業株30種平均は今週、全営業日値上がりし、17日には昨年末比で初めてプラス圏に入った。米金融大手のバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)とJPモルガン・チェースはともに2.9%上昇した。自社株買いの発表が好感された。両社はS&Pの最大の押し上げ要因だった。米ソフトウエア大手アドビ・システムズは3.8%上昇した。通期の利益と収益について、市場予想を超える水準に見通しを引き上げたことが好感された。

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> 前日の急上昇の反動から売りが出て、反落した。中心限月4月物の清算値は前日比10.70ドル安の1オンス=1254.30ドル。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> 米追加利上げペースの鈍化観測を背景としたドル売りが一服し、割安感などから買われてきた原油は利食い売りの台頭などで3日ぶりに反落、米国産標準油種WTIは再び1バレル=40ドルを割り込んだ。WTIの中心限月4月物の清算値は前日比0.76ドル(1.89%)安の39.44ドル。週間では2.4%高となり、4週連続で上昇した。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

ワールド

OPEC内外の閣僚監視委、減産延長巡る決定時期で意

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!