ニュース速報

ビジネス

東京マーケット・サマリー(16日)

2016年03月16日(水)18時18分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 113.63/65 1.1085/89 125.97/01

NY午後5時 113.15/19 1.1110/15 125.63/67

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の113円後半。きょうの海外時間に予定される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表やイエレン連邦準備理事会(FRB)議長会見を前にアジア時間は様子見ムードが強まり、ドル/円は113円半ば付近での小動きが続いた。

-------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

日経平均 16974.45 (-142.62円安)

安値─高値   16950.84円─17102.45円

東証出来高 18億6149万株

東証売買代金 1億9118億円

東京株式市場で日経平均は続落。3営業日ぶりに節目の1万7000円を下回った。銀行株の下げや円高警戒感などが重しとなった。もっとも、今晩に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え、投資家は見送り姿勢を継続。東証1部の売買代金は1兆9118億円と今年初めて2兆円を下回った。

東証1部騰落数は、値上がり486銘柄に対し、値下がりが1340銘柄、変わらずが118銘柄だった。

-------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場> 15時05分現在

無担保コール翌日物金利 0.002%

ユーロ円金先(16年9月限) 100.000 (+0.020)

安値─高値 99.965─100.000

3カ月物TB -0.115

-0.115─-0.115

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースで0.002%になった。準備預金の新しい積み期間に入ったが、全般に落ち着いた取引。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートは前営業日からマイナス幅を拡大。TIBOR(東京銀行間取引金利)3月物は横ばい。新発1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で最高落札利回りはマイナス0.1531%と、1年物として過去最低を更新した。日銀オペにらみの需要とみられている。共通担保資金供給オペでは、6550億円の応札があり、全額が落札された。ユーロ円3カ月金利先物は小高い。

-------------------------------------------------------------------------------

<円債市場> 15時現在

国債先物・16年6月限 151.27 (+0.38)

安値─高値 150.62─151.29

10年長期金利 -0.055% (-0.030)

安値─高値 -0.005─-0.050%

長期国債先物は大幅反発。日銀が実施したオペ結果が強く、需給の引き締まりを意識した需要が海外勢を巻き込んで入ったとみられている。

現物債は午前の取引で、20年債入札を翌日に控えたポジション調整が優勢になったが、午後は国債先物が上昇幅を拡大すると、長期ゾーンを中心に利回りに強い低下圧力がかかった。国内銀行勢主体の買いとみられている。 

-------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場> 16時52分現在の気配

2年物 -0.04─-0.14

3年物 -0.06─-0.16

4年物 -0.05─-0.15

5年物 -0.01─-0.11

7年物 0.05─-0.04

10年物 0.18─0.08

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

カタルーニャ州議会選、独立賛成派が僅差で敗北へ=世

ビジネス

中国自動車販売、11月は前年比+0.7% 通年の伸

ビジネス

ECBの不良債権処理指針、導入は数カ月延期へ―ヌイ

ビジネス

フランス成長率予想、第4四半期は0.5%=中銀

MAGAZINE

特集:コロンビア大学特別講義 戦争の物語

2017-12・12号(12/ 5発売)

76年前の真珠湾攻撃は「奇襲」? 「だまし討ち」? 米コロンビア大の歴史学者が説く歴史と記憶の違いとは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 3

    ティラーソンが去り、また軍人がやって来る

  • 4

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    エルサレムをめぐるトランプ宣言の行方──意図せず招…

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

  • 5

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 6

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 9

    応急処置で肺に針を 北朝鮮亡命兵士、救出から6時間…

  • 10

    トランプが「エルサレム首都」認めれば中東は火薬庫…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!