ニュース速報

ビジネス

米失業保険申請が昨年10月以来の低水準、景気後退懸念さらに和らぐ

2016年03月11日(金)01時36分

 3月10日、米新規失業保険申請件数は、昨年10月中旬以来の低水準となった。写真はボストンのクリーニング店に掲出された求人広告。2010年9月撮影(2016年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米労働省が10日発表した5日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万8000件減の25万9000件と、昨年10月中旬以来の低い水準となった。市場予想は27万5000件だった。

雇用市場が力強さを維持していることを示しており、景気後退への懸念は一段と和らぎそうだ。

前週の数字は当初発表の27万8000件から27万7000件に改定された。

労働省のアナリストによると統計に影響を及ぼすような特殊要因はなかった。全ての州 が申告し、推定ベースの数字はなかった。

景気後退が懸念される中で起きた最近の株価急落は、金融情勢のひっ迫につながった。失業保険申請は、雇用市場が弱含んでいないかどうかを判断する材料として注目されている。

今のところ、雇用市場は底堅さを保っている。2月の雇用統計では非農業部門の新規就業者が24万2000人増加し、失業率は4.9%と8年ぶりの低水準を維持した。

年明けの個人消費が好調だったことに加えて、低迷していた製造業にいくらか安定の兆しが出てきたことで景気後退懸念は後退しつつある。

申請件数は雇用市場が引き締まっているとされる30万件の水準を1年間にわたって下回っている。これは1970年代初め以来の長期間となる。

5日までの申請件数は、最近の変動幅であった26万2000─29万4000件を下回った。

週ごとの変動を均して雇用情勢をより正確に反映するとされる4週移動平均は2500件減の26万7500件で、昨年10月下旬以来の低水準となった。

2週間以上手当てを受けている失業保険受給者総数は、2月27日までの週で3万2000件減の222万5000件だった。4週移動平均は4500件減の225万2000件だった。

雇用市場の引き締まりや物価上昇圧力の高まりを背景に、米連邦準備理事会(FRB)は今年、徐々に金利を引き上げる可能性がある。FRBは昨年12月に9年半ぶりとなる利上げに踏み切った。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ウクライナ中銀、新たなサイバー攻撃の可能性を各銀行

ワールド

仏大統領、9月7─8日にギリシャ訪問

ワールド

豪地域開発相、二重国籍保有と発表 議員で6人目

ビジネス

焦点:米デフォルトリスク、トランプ政権の混乱で「正

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 8

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 9

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 10

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!