ニュース速報

ビジネス

アングル:VW不正問題が影落とすジュネーブ自動車ショー

2016年02月29日(月)13時35分

 2月26日、3月1日開幕するジュネーブ・モーターショーは、VWの排ガス不正問題が影を落とし、消費者の嗜好とメーカーの対応がかみ合わない、ちぐはぐな展示となりそうだ。写真はスイスのデューベンドルフで12日撮影(2016年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[フランクフルト 26 ロイター] - 3月1日開幕するジュネーブ・モーターショーは、フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題が影を落とし、消費者の嗜好とメーカーの対応がかみ合わない、ちぐはぐな展示となりそうだ。

今年もジュネーブ・モーターショーでは「マセラティ・レヴァンンテ」、「ブガッティ・シロン」、「ランボルギーニ・センテナリオ」などの排気量の多い高級車が展示される。

ただ、規制当局は排ガス規制の強化に動いており、こうした展示手法が例年通り成功を収めるとは言い難い。

センター・オートモーティブ・リサーチ(CAR)のフェルディナンド・ダデンヘフェー代表は、欧州で販売される自動車の半分以上がディーゼル車だと指摘。「ジュネーブは今年、ディーゼルの排ガスの厚い雲に覆われそうだ」と話した。

VWの不正事件で欧州の高級車メーカーがハイブリッド車や電気自動車の分野では大きく遅れを取っている実態が浮き彫りになった。

ロイターがLMCオートモーティブを通じて集めたデータによると、BMW、メルセデス・ベンツ、VWアウディの独大手高級車メーカー3社は、電気自動車とハイブリッド車の販売では国際的な順位が12位、14位、22位にとどまり、トヨタ自動車やホンダ、レクサス、日産などに遅れを取っている。

今年のジュネーブ・モーターショーは、ダイムラーの新型「スマート」以外、純然たる電気自動車の目立った発表はない。ポルシェやアウディなどは2019年までに新型の高級電気自動車を開発する予定。

むしろ欧州メーカーが取り組みを強めているのは省エネだ。例えばポルシェの「ボクスター」の後継機種となる「718」ロードスターは4気筒エンジンを搭載し、オペルの「GT」のコンセプトカーもエンジンは3気筒となる。

しかし消費者は燃料消費の多い大型車への志向を強めており、消費者の嗜好とメーカーの規制対応の間のずれが大きくなっている。

JATOのアナリストによると、欧州では昨年、スポーツタイプ多目的車(SUV)の販売がサブコンパクトカーやコンパクトカーの販売を初めて上回った。

今回のモーターショーでもアウディの「Q2」や「セアト・アテカ」など小型SUVがこうした流れにうまく乗りそうだ。

一方、排ガス規制強化に対応するための技術投資コストがかさむ大型車は世界的に需要が弱まり始めるとアナリストは懸念している。

バーンスタイン・リサーチのアナリストチームは「一時代の終わり」と題するリポートで、欧州の自動車産業の見通しは暗いと指摘した。「欧州市場は残念ながら利益を上げるという面で希望が持てない。生産能力が過剰で、構造的なコストが高く、あまりにも多くのメーカーがひしめき合って技術的に優れた高級車ばかりを供給している」とした。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

歳出最大97.7兆円、新規国債33.7兆円に 18

ビジネス

ビットコインが最高値更新、1万8000ドルに迫る

ビジネス

MRJ受注で初のキャンセルの可能性、イースタン航空

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!