ニュース速報

ビジネス

追加刺激必要ならかなりの政策余地=英中銀総裁

2016年02月24日(水)02時51分

 2月23日、イングランド銀行のカーニー総裁(写真)は、議会で証言し、景気刺激が必要な場合、利下げや量的緩和の拡大など、かなりの政策余地あるとの認識を示した。ロンドンで4日撮影(2016年 ロイター/Niklas Hall'en)

[ロンドン 23日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は、必要なら追加刺激策を行うかなりの余地があるとの認識を表明した。

市場では、英中銀の景気浮揚手段が少なくなっているとの懸念が広がる。総裁は議会での証言で、利下げや債券購入プログラムの拡大を行う可能性を示し、懸念払しょくに努めた。

総裁は、経済成長が続く中、国内金利は向こう3年間で上昇する公算の方が大きいと指摘。一方で新興国市場リスクの高まりに言及した。

総裁は「経済の追加刺激が必要な状況になれば、われわれにはかなりの(政策)余地がある」と強調した。

金利をゼロに向けて下げたり、量的緩和プログラムで国債以外の資産も買い入れたりすることも可能との認識を改めて示した。

さらには、インフレ率(現在0.3%)が、目標の2%まで上昇する期間を短縮することも可能とした。その場合、中銀がより早く、インフレを促進しようとする姿勢が必要となる。

マイナス金利導入の可能性については否定した。

総裁は「(マイナス金利導入の)意思も関心もまったくないことを重ねて強調したい」と述べた。

また、欧州連合(EU)残留の是非を問う国民投票の結果、英国がEUを離脱する場合、ポンド相場に及ぶ影響の大きさだけでなく、影響が持続するかも考慮に入れる必要があると語った。国民投票に関して、中銀が緊急対策を策定中とも説明した。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

海上自衛隊と米空母が共同訓練開始、北朝鮮に圧力

ワールド

アングル:仏大統領選でも大量の偽ニュース、次はドイ

ビジネス

焦点:前途多難の「メイド・イン・アメリカ」

ビジネス

G20閉幕、麻生財務相「保護主義強まらず」 中国に

MAGAZINE

特集:トランプ vs 北朝鮮

2017-4・25号(4/18発売)

北朝鮮が核実験に踏み切れば単独行動も辞さない── トランプは米軍による先制攻撃を決断するのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 2

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国の対応を評価

  • 3

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 4

    フランス大統領選で注目すべき「4強」と3つのデータ

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    米自動車大手2社の駄目っぷりでテスラの株が急上昇

  • 7

    北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか?

  • 10

    フランス大統領選、マクロンとルペンがリードするも…

  • 1

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

  • 2

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 3

    北朝鮮がミサイル発射失敗、直後に爆発 米副大統領訪韓を威嚇か

  • 4

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 5

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 6

    オバマ政権は北朝鮮ミサイル実験をサイバー攻撃で妨…

  • 7

    中国は米国に付くと北朝鮮を脅したか?――米朝戦争に…

  • 8

    北朝鮮「米行動なら全面戦争」、米ペンス副大統領は…

  • 9

    北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか?

  • 10

    ISISの終わりが見えた

  • 1

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 2

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 3

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 4

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 5

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 6

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 7

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 8

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 9

    ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!