ニュース速報

ビジネス

シェンゲン協定廃止、EU経済に10年で1.4兆ユーロの打撃=調査

2016年02月23日(火)10時36分

 2月22日、ドイツのベルテルスマン財団は、欧州を国境検査なしで自由に移動できる「シェンゲン協定」が崩壊した場合、欧州連合(EU)は今後10年にわたり最大1兆4000億ユーロの経済的打撃を受けるとの試算を発表した。写真はブダペストで2011年11月撮影(2016年 ロイター/Laszlo Balogh)

[ベルリン 22日 ロイター] - ドイツのベルテルスマン財団は22日、欧州を国境検査なしで自由に移動できる「シェンゲン協定」が崩壊した場合、欧州連合(EU)は今後10年にわたり最大1兆4000億ユーロの経済的打撃を受けるとの試算を発表した。

最悪のシナリオとして、EUの国境管理を復活させた場合、輸入価格は最大で3%上昇し、今後10年間の経済的影響はドイツで2350億ユーロ、フランスは2440億ユーロに達する。

輸入価格の上昇が1%にとどまった場合、今後10年間のEUへの影響は約4700億ユーロになる。

最悪のシナリオ下では、EUへの経済的影響は最大1兆4000億ユーロとなり、EU28カ国の年間国内総生産(GDP)の約10%に達する。

ベルテルスマン財団の代表は「仮に欧州で国境管理が再開されれば、既に軟調な経済成長にさらなる圧力がかかる」と指摘した。

シェンゲン協定は30年以上前に発効し、現在26カ国が参加している。そのうち22カ国はEU加盟国。ただ、欧州へ押し寄せる中東やアフリカからの難民に対応するため、一部の国では国境管理を昨年秋から一時的に復活しており、EUの移動の自由の理念が揺らいでいる。

ベルテルスマン財団は、シェンゲン協定崩壊はユーロ圏外の国にも影響を及ぼすとし、米国と中国への経済的影響は今後10年で910億─2800億ユーロに達すると試算している。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

シンガポールでデリバティブ取引の開始遅れる、障害は

ワールド

トランプ次期米大統領が関係修復の意向表明=フィリピ

ビジネス

アングル:新興国通貨安は日本企業にデメリットも、部

ビジネス

与党が17年度税制改正大綱を正式決定 所得税控除、

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 2

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文取り消しを要請

  • 3

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのもつ危険性

  • 4

    民族大虐殺迫る南スーダン。国連安保理の武器禁輸措…

  • 5

    ネパールの被災地に巣くう人身売買ビジネス

  • 6

    スー・チーにも見捨てられた?ミャンマーのロヒンギ…

  • 7

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 8

    安倍首相の真珠湾訪問は、発表のタイミングもベスト

  • 9

    「トランプとプーチンとポピュリストの枢軸」が来年…

  • 10

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 3

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 4

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 5

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 6

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 10

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!