ニュース速報

ビジネス

ウィズダムツリー・ジャパン、日銀補完策対応のETF組成に関心

2016年02月17日(水)12時15分

[東京 17日 ロイター] - 上場投資信託(ETF)や上場投資商品(ETP)を手掛ける米資産運用大手ウィズダムツリー・インベストメンツの日本法人は、今週から国内ビジネスを開始するのに合わせて、日本銀行が昨年末発表した量的・質的金融緩和策(QQE)の補完措置に対応する新型ETFの組成に取り組む考えを示した。ウィズダムツリー・ジャパンのイェスパー・コール最高経営責任者(CEO)がロイターに対して明らかにした。

日銀は昨年12月18日の決定会合で、今年4月から、設備・人材投資に積極的に取り組む企業の株式を対象にしたETFについて、年間3000億円の枠を新設して買い入れる方針を発表。ただし現時点では条件に合致する商品が存在しないことから、当初はJPX日経400<.JPXNK400>に連動するETFを購入するとしている。

既に昨年末、複数の投信運用会社(野村アセットマネジメント、三菱UFJ国際投信、日興アセットマネジメント、ブラックロック・ジャパン)が、指数プロバイダーと連携して趣旨に合う商品の開発・ローンチを目指した準備に着手したとロイターに明らかにしている[nL3N14J1YS]。

組成に当たっては、ETFがトラックする指数を開発することが必要だが、「設備・人材投資に積極的に取り組む企業」を選ぶ基準については、世界的にも確立された指数は存在しない。

これについて、コールCEOは、企業の配当成長性に、採用人数や賃金の推移といった雇用関連のデータを組み合わせるといった、複数のアイデアを検討中だと話している。

なお、日銀のこの新型ETF購入が日本株市場全体に与える影響はほぼニュートラルとみられる。日銀が今年4月から、過去に買い入れた銀行保有株式の売却も再開するためだ。 運用資産残高430億ドル超のウィズダムツリーは、米国、先進国及び新興国の市場の株式を投資対象としたETF商品を提供。このうち、日本に焦点を当てた戦略に基づくETFの運用資産残高は約127億ドルに上る。

(植竹知子)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

独貿易業連合会、16年輸出見通し引き下げ 英EU離

ビジネス

金融庁、地銀対象に新検査体制導入へ 2グループ制に

ビジネス

日本株、独歩高のカラクリ 特殊な需給要因

ビジネス

中国人民銀行、利下げや預金準備率引き下げには消極的

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 2

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 3

    インドネシアが南シナ海に巨大魚市場──対中強硬策の一環、モデルは築地市場

  • 4

    マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    G20と「人民の声」の狭間で――中国、硬軟使い分け

  • 8

    日本のアフリカ市場出遅れ、問題は企業サイドに

  • 9

    黒人射殺事件の連鎖を生む元凶は

  • 10

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 8

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 9

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 10

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 5

    日銀は死んだ

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!