ニュース速報

ビジネス

各国中銀がマイナス金利を導入する可能性=JPモルガン

2016年02月12日(金)11時36分

 2月12日、JPモルガンのエコノミストは、世界的にマイナス金利が導入される可能性があるとの見解を示した。写真はロサンゼルスで2010年10月撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロンドン 12日 ロイター] - JPモルガンのエコノミストは、世界的にマイナス金利が導入される可能性があるとの見解を示した。

債券買い入れの拡大やフォワードガイダンスによる効果が限定的とし、米連邦準備理事会(FRB)やイングランド銀行(英中銀)でさえ、マイナス金利政策の採用を迫られる可能性があると指摘。金利の下限は多くが想定するよりもかなり低いと結論づけている。

JPモルガンのマルコム・バー、ブルース・カスマン、デービッド・マッキー各氏のリポートによると、FRBは基本的にマイナス1.3%まで、英国はマイナス2.5%、ユーロ圏はマイナス4.5%、日本はマイナス3.45%まで引き下げることができるという。

マイナス金利の状況では、中銀預金金利の最低水準が実質的に市場にとっての既定の参考水準になるとし、「われわれの分析では、これらのスキームの利用で、銀行の収益性を過度に圧迫することなくかなり低い政策金利を設定することが可能なことを示している」と述べた。

バー氏は「マイナス金利政策の国内市場への影響が不透明で微妙な問題のため、各国中銀は慎重に進める可能性が高い」とした上で、米国のリセッション(景気後退)リスクが現実となれば、FRBでさえ検討するだろう、との見解を示した。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは111円半ば、FOMC前に一進一退

ビジネス

ユンケル欧州委員長の改革案、共通ビジョン構築促すべ

ビジネス

ロイター/INSEADアジア企業景況指数、第3四半

ビジネス

財政目標の先送り表明へ、PB黒字化は「2020年代

MAGAZINE

特集:対中外交の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 2

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 3

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 4

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 5

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 6

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 7

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 8

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 9

    米トイザラス、破産法適用申請 ウォルマートやアマ…

  • 10

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!