ニュース速報

ビジネス

焦点:英EU離脱、一部英国債に朗報か 長期債には懸念も

2016年02月09日(火)14時02分

 2月8日、投資家は英国がEUを離脱する可能性に脅えているが、離脱は英国債に限ってはひとまず朗報となるかもしれない。2013年9月撮影(2016年 ロイター//Chris Ratcliffe/pool )

[ロンドン 8日 ロイター] - 投資家は英国が欧州連合(EU)を離脱する可能性に脅えているが、離脱は英国債に限ってはひとまず朗報となるかもしれない。外国人投資家による英国債買いは過去最大に達し、一部の年限では先週、価格が3年ぶりの高値を付けた。

EU残留か離脱かを問う国民投票は6月に実施される可能性が高く、世論調査では離脱支持派が増えている。

英国債の発行残高は現在、2兆1000億ドル。国民投票で離脱の結果が出れば、期間5年以下の英国債保有者は明らかに勝ち組になりそうだ。一方、期間10年超の年限は信用格付けの切り下げや長期的な景気悪化などの悪影響を受けやすい。

英国の景気が悪化すると英企業株やポンドは売られるが、インフレ率が下がってイングランド銀行(英中央銀行)が金利を低く抑えるとの期待から、英国債は通常買われる。

大半のエコノミストは、英国がEUを離脱すれば短期的には英成長率に悪影響を及ぼすと見ている。シティは3年間で成長率を4%押し下げる影響を予想する。

コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツのデーブ・チャペル氏は「国民投票を実施すること自体、その結果いかんに関わらず景気の足を引っ張る。企業が投資決定を遅らせるからだ」と述べた。

期間5年物の英国債利回りは3日、過去3年ほどの最低を付けた。JPモルガンのストラテジスト、フランシス・ダイアモンド氏は、国民投票で離脱の結果が出れば0.15─0・20%ポイント下がると予想する。

<スタグフレーションも>

しかし、より期間の長い英国債の雲行きはあまり良くない。EU離脱の条件をめぐる不透明感や、成長とインフレへの長期的な影響が懸念されるからだ。

外国人投資家は英国債の4分の1超を保有しており、英国の経常収支赤字は国内総生産(GDP)の3.7%と大きい。このためカーニーBOE総裁は、英国は「外国人の親切に頼っている」だと述べた。

最悪のシナリオでは、ポンドが急落し、外国人投資家が逃げ出す恐れもある。

チャペル氏は「離脱キャンペーンが勝てば、逃避資産としてのポンドと英国債の地位に疑問符がつく」とし、ポンド安が進めば「スタグフレーションへの恐れが生じてイールドカーブはスティープ化しそうだ」と述べた。

大半のストラテジストは、離脱の場合に期間の長い英国債がアンダーパフォームするとの見方で一致しているが、急落はメーンシナリオではない。

外国人投資家は2014年のスコットランド独立をめぐる住民投票前にも英国債を保有し続けたし、昨年10─12月期には過去最大の296億ポンド相当を買った。

13年には英国の信用格付けが引き下げられたが、需要への悪影響はほとんどなかった。そして最大級の投資家である国内の年金基金は、長期債の利回りが上昇すれば買いに入りそうだ。

しかしポンドが想定を超えて20%も下落するなら、景色は変わってくる。ゴールドマン・サックスとシティが最近示した予想は5─10%の下落にとどまっている。

シティの債券ストラテジスト、ジェイミー・サール氏は「離脱票が上回ってポンドが急落し、インフレ率が数年前のように4%に向けて上昇し始める域に達すれば、金融政策委員会は利上げを余儀なくされるかもしれない」と話す。

サール氏は最悪のシナリオとして、10年物英国債利回りが米国債を1%ポイントも上回る事態を予想している。

JPモルガンのダイアモンド氏はもう少し現実味の高いシナリオとして、10年債利回りはまず、より短期の国債と足並みをそろえて0.10%ポイントほど下がりそうだと話した。

(David Milliken記者)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

仏成長率、2016・17年は1.3% 18年以降徐

ビジネス

福島原発事故費、倍増21.5兆円 東電「債務超過で

ビジネス

ユーロ圏経済、政治リスク大きく依然支援が必要=EC

ワールド

「偽ニュース」は危険、迅速な対策を=クリントン氏

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在になる

  • 2

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 3

    米ルビオ議員、南シナ海の領有権問題で対中制裁法案──トランプ新政権に行動を促す

  • 4

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのも…

  • 5

    光熱費、電車賃、預金......ぼったくりイギリスの実態

  • 6

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られ…

  • 7

    北朝鮮が中国への「大麻」輸出に乗り出す

  • 8

    来週プーチン露大統領来日、北方領土への期待値下げ…

  • 9

    「トランプ劇場」に振り回される習近平

  • 10

    トランプ政権の国防を担うクールな荒くれ者

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 3

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 4

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在…

  • 9

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 10

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのも…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!