ニュース速報

ビジネス

焦点:英EU離脱、一部英国債に朗報か 長期債には懸念も

2016年02月09日(火)14時02分

 2月8日、投資家は英国がEUを離脱する可能性に脅えているが、離脱は英国債に限ってはひとまず朗報となるかもしれない。2013年9月撮影(2016年 ロイター//Chris Ratcliffe/pool )

[ロンドン 8日 ロイター] - 投資家は英国が欧州連合(EU)を離脱する可能性に脅えているが、離脱は英国債に限ってはひとまず朗報となるかもしれない。外国人投資家による英国債買いは過去最大に達し、一部の年限では先週、価格が3年ぶりの高値を付けた。

EU残留か離脱かを問う国民投票は6月に実施される可能性が高く、世論調査では離脱支持派が増えている。

英国債の発行残高は現在、2兆1000億ドル。国民投票で離脱の結果が出れば、期間5年以下の英国債保有者は明らかに勝ち組になりそうだ。一方、期間10年超の年限は信用格付けの切り下げや長期的な景気悪化などの悪影響を受けやすい。

英国の景気が悪化すると英企業株やポンドは売られるが、インフレ率が下がってイングランド銀行(英中央銀行)が金利を低く抑えるとの期待から、英国債は通常買われる。

大半のエコノミストは、英国がEUを離脱すれば短期的には英成長率に悪影響を及ぼすと見ている。シティは3年間で成長率を4%押し下げる影響を予想する。

コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツのデーブ・チャペル氏は「国民投票を実施すること自体、その結果いかんに関わらず景気の足を引っ張る。企業が投資決定を遅らせるからだ」と述べた。

期間5年物の英国債利回りは3日、過去3年ほどの最低を付けた。JPモルガンのストラテジスト、フランシス・ダイアモンド氏は、国民投票で離脱の結果が出れば0.15─0・20%ポイント下がると予想する。

<スタグフレーションも>

しかし、より期間の長い英国債の雲行きはあまり良くない。EU離脱の条件をめぐる不透明感や、成長とインフレへの長期的な影響が懸念されるからだ。

外国人投資家は英国債の4分の1超を保有しており、英国の経常収支赤字は国内総生産(GDP)の3.7%と大きい。このためカーニーBOE総裁は、英国は「外国人の親切に頼っている」だと述べた。

最悪のシナリオでは、ポンドが急落し、外国人投資家が逃げ出す恐れもある。

チャペル氏は「離脱キャンペーンが勝てば、逃避資産としてのポンドと英国債の地位に疑問符がつく」とし、ポンド安が進めば「スタグフレーションへの恐れが生じてイールドカーブはスティープ化しそうだ」と述べた。

大半のストラテジストは、離脱の場合に期間の長い英国債がアンダーパフォームするとの見方で一致しているが、急落はメーンシナリオではない。

外国人投資家は2014年のスコットランド独立をめぐる住民投票前にも英国債を保有し続けたし、昨年10─12月期には過去最大の296億ポンド相当を買った。

13年には英国の信用格付けが引き下げられたが、需要への悪影響はほとんどなかった。そして最大級の投資家である国内の年金基金は、長期債の利回りが上昇すれば買いに入りそうだ。

しかしポンドが想定を超えて20%も下落するなら、景色は変わってくる。ゴールドマン・サックスとシティが最近示した予想は5─10%の下落にとどまっている。

シティの債券ストラテジスト、ジェイミー・サール氏は「離脱票が上回ってポンドが急落し、インフレ率が数年前のように4%に向けて上昇し始める域に達すれば、金融政策委員会は利上げを余儀なくされるかもしれない」と話す。

サール氏は最悪のシナリオとして、10年物英国債利回りが米国債を1%ポイントも上回る事態を予想している。

JPモルガンのダイアモンド氏はもう少し現実味の高いシナリオとして、10年債利回りはまず、より短期の国債と足並みをそろえて0.10%ポイントほど下がりそうだと話した。

(David Milliken記者)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に

ビジネス

景気拡大継続へ、弱い基調インフレで緩和は当面維持=

ワールド

英高層公営住宅の火災、火元は米ホットポイント製冷蔵

ワールド

アングル:海自の護衛艦いずも、九段線に接近 レーダ

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 2

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 3

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選が試金石に

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡

  • 8

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 9

    アマゾンのホールフーズ買収は止めるべきか

  • 10

    気になるCMを連発、旅行サイト「トリバゴ」の意外な…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!