ニュース速報

ビジネス

株は日銀決定受け乱高下後に急反発、円安で業績改善期待

2016年01月29日(金)15時44分

 1月29日、東京株式市場で日経平均は急反発した。日銀のマイナス金利導入決定を受け、その効果と副作用とで見方が交錯し後場前半は乱高下。都内で14日撮影(2016年 ロイター /Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は急反発した。日銀のマイナス金利導入決定を受け、その効果と副作用とで見方が交錯し後場前半は乱高下。

その後、金利差拡大による円安進行が企業業績を改善させるとの期待感につながり、日経平均は1万7500円台を回復してきょうの取引を終えた。

低調な国内経済指標や企業決算が重しとなり、前引け時点で前日比88円安となっていた日経平均は後場に急騰した。日銀は28─29日の金融政策決定会合でマイナス金利を導入する追加金融緩和を決定。市場ではポジティブ・サプライズとして受け止められ、日経平均の上げ幅は600円に迫った。

その後、マイナス金利導入の副作用が意識されると次第に売りが強まり、日経平均は一時274円安となった。マイナス金利の導入が、量的金融緩和策の足かせになりかねず効果を疑問視する声があったほか、収益への悪影響が懸念され、三菱UFJ<8306.T>など銀行株が軒並み下げに転じたことが指数の重しとなった。

もっとも「マイナス金利の導入により、国内金利が低下し金利差で円安に振れることが国内企業業績の改善につながる」(大和証券・上席ストラテジストの高橋卓也氏)との見方が広がると、日経平均は再び買い直された。トヨタ<7203.T>が前日比4%を超す上昇となり、終値は今年1月5日以来の高値水準を回復。金融緩和の恩恵を受けやすい不動産や証券、ノンバンクなどが大幅高となった。

東証1部の売買代金は4兆4317億円と、2015年8月25日以来、約5カ月ぶりの高水準となった。

個別銘柄では、小糸製作所<7276.T>がストップ高となり、昨年来高値を更新。28日発表した2016年3月期連結業績予想の上方修正を好感した。高田重久会長兼社長の辞任を含む経営陣の一新検討が伝わったタカタ<7312.T>や、MVジャパンによる株式公開買い付け(TOB)が発表されたモリテックス<7714.T>なども買われた。

半面、ファナック<6954.T>が大幅安。28日、2016年3月期の通期営業利益予想を従来比3.8%下方修正し、前年比29.5%減の2101億円に引き下げたことが嫌気された。1銘柄で日経平均を約94円押し下げた。業績悪化が目立ったオムロン<6645.T>やNEC<6701.T>などは昨年来安値を更新した。

東証1部騰落数は、値上がり1721銘柄に対し、値下がりが186銘柄、変わらずが28銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      17518.3 +476.85

寄り付き    17155.06

安値/高値   16767.09─17638.93

TOPIX<.TOPX>

終値       1432.07 +39.97

寄り付き     1400.73

安値/高値    1370.15─1435.31

東証出来高(万株) 412505

東証売買代金(億円) 44317.89

(杉山容俊)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

MRJ受注で初のキャンセルの可能性、イースタン航空

ビジネス

インタビュー:来年早期に物流施設で省人化実験=ヤマ

ワールド

ユーロ圏経済は順調、改革急いでない=リトアニア大統

ビジネス

金融庁が金融機関の検査・監督で新方針、検査マニュア

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 10

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 6

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 7

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 8

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!