ニュース速報

ビジネス

日経平均は大幅反落、原油安でリスク回避強まる

2016年01月26日(火)15時22分

 1月26日、東京株式市場で日経平均は大幅反落。一時458円安となった。都内で7日撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅反落。一時458円安となった。米国株安を受け主力株を中心に売りが先行。米原油先物がアジア時間で弱含むと投資家のリスク回避姿勢が強まり、軟調な値動きとなった。先行き不透明感から新規の買いが入りづらく、商いが乏しい中で先物売買に振らされやすいという。

日経平均が前日までの2営業日で約1100円上昇していたこともあり、短期筋による利益確定売りも指数を押し下げた。売り方の買い戻しなどで時折、下げ渋る場面もあったが、石油関連株に加え自動車や電機、海運、機械などが軟調に推移し、戻りは限定された。

後場に入り米原油先物が一段と軟化すると再度リスクオフの流れとなり、日経平均は下値模索となった。上海や香港などアジア株が大幅安となったほか、一時1ドル118円割れとなったドル/円なども市場心理を冷やした。

日経平均の日中値幅は187円と今年最小となったが、「大幅安にもかかわらず、新規の買いが入らないだけ」(T&Dアセットマネジメント運用統括部長の山中清氏)と受け止められている。日米の金融政策会合に向けて政策協調に対する期待はあるものの、「先行き不透明感が強くリスクは取れない」(山中氏)という。

東証1部の売買代金は2兆1124億円と今年最低だった。

個別銘柄では、ソフトバンク<9984.T>が反落。同社傘下の米携帯電話大手スプリントが、カスタマーセンター6施設とカンザス州の本社で少なくとも2500人を削減と25日報じられ、25日の同社株価が12.2%安と急落したことが嫌気された。東芝<6502.T>が200円を下回り、36年ぶりの低水準となった。

半面、KOA<6999.T>が高い。25日、これまで未定としていた2016年3月期の連結業績と年間配当予想を発表。年間配当予想は前期実績から2円増配の1株28円に設定し、安定的な配当方針が評価された。

東証1部騰落数は、値上がり149銘柄に対し、値下がりが1759銘柄、変わらずが28銘柄と、全体の9割が下落した。業種別では東証33業種すべてが売られた。

日経平均<.N225>

終値      16708.9 -402.01

寄り付き    16833.13

安値/高値   16652.26─16839.52

TOPIX<.TOPX>

終値       1360.23 -32.40

寄り付き     1372.57

安値/高値    1357.54─1373.11

東証出来高(万株) 215729

東証売買代金(億円) 21124.59

(杉山容俊)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

歳出最大97.7兆円、新規国債33.7兆円に 18

ビジネス

ビットコインが最高値更新、1万8000ドルに迫る

ビジネス

MRJ受注で初のキャンセルの可能性、イースタン航空

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!