ニュース速報

ビジネス

焦点:日銀、インフレ期待低下懸念と需給ギャップ好転を総合判断へ

2016年01月25日(月)18時58分

 1月25日、日銀内で世界的な株安や原油安を受け、インフレ期待に下押し圧力がかかるリスクについて注目度が高まっている。写真は日銀、2014年1月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 25日 ロイター] - 日銀内で世界的な株安や原油安を受け、インフレ期待に下押し圧力がかかるリスクについて注目度が高まっている。ただ、エネルギーと生鮮食品を除いた消費者物価(日銀版コアコアCPI)の動向は堅調なほか、需給ギャップは先行きも改善を続ける見通し。このため28、29日の金融政策決定会合では、こうした点を踏まえ物価の基調が影響を受けそうなのか総合的に判断することになりそうだ。

<市場変動とインフレ期待、黒田総裁も言及>

年明けの世界的な株安や原油安を受け、市場には先行きの経済に対する不透明感が増している。日銀内にも株安や原油安が継続すれば、企業マインドに悪影響をもたらし、日本経済拡大へのカギを握る賃上げにマイナスの影響が出かねないと懸念する声も浮上。設備投資の下押し圧力になるリスクも取りざたされている。

実際、最近の各種アンケート調査では、企業や家計、エコノミストなどの物価見通しの低下が目立ってきている。

日銀の公式見解は、投機的な動きで実体経済や物価の基調にすぐに影響は出ないとの立場だが、黒田東彦総裁は22日、スイス・ダボスでテレビインタビューに英語で応じ、最近の市場急変が「予想物価上昇率に多少(slightly)影響している」と述べた。

また、一部の日銀関係者からは「雇用や物価が今後も引き続き良い状態かはわからない」との見方も出ている。

<GDPはプラス、需給ギャップ押し上げ>

一方、1月会合で直ちに追加緩和を決断する必要がないとの声も、日銀内ではかなりの規模にのぼっている。

その理由の1つは、期待インフレ率とともに物価の基調を左右する需給ギャップの動向だ。

20日に成立した2015年度補正予算の効果で、16年度の実質経済成長率は現行見通しの前年比プラス1.4%から上方修正となる可能性も指摘されている。

労働需給も当面、ひっ迫した状況が続き、原油価格の下落も中長期的に日本経済の支援材料となり、いずれも物価押し上げ方向に働くとの論理構成だ。

また、21日のドラギ欧州中銀(ECB)総裁の追加緩和を示唆する発言以降、株安と原油安が反転する兆しをみせていることも、短期的な市場動向をみて金融政策を判断するには「時期尚早」との声を勢いづかせている。

その意味で、日銀内では26─27日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に公表される声明で、年明け以降の世界的な市場変動について、何らかの言及があるのかどうか、あった場合の市場の反応に注目する声もある。

<原油下落の影響、CPI見通し引き下げへ>

仮に日銀が1月会合で追加緩和を見送った場合、向こう数年の経済・物価見通しを示す「展望リポート」で示される16年度の消費者物価(除く生鮮、コアCPI)見通しは、従来の前年比1.4%から0%台後半へ大幅に下方修正し、2%の物価目標達成時期も従来の2016年度後半から17年度中に延期する公算が大きい。

その前提となる原油価格推移は、昨年10月時点における足元で1バレル50ドル、18年3月に65ドルから少なくとも15ドルずつ想定価格を下方修正するとみられている。

こうした情勢の下で、日銀政策委員がどのような判断を下すのか。物価の基調を構成する要素は、上振れと下押しの両方が混在しており、その結果に市場の注目度は一段と高まっている。日銀の出すメッセージによっては、市場の変動が大きくなる展開も予想される。  

*本文中の不要な文字を削除しました。

(竹本能文、伊藤純夫 編集:田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は反落、金融株の勢い止まる

ビジネス

ドル下落、雇用統計受け利上げペースに疑問=NY市場

ビジネス

トランプ氏が雇用創出諮問委、委員に米主要企業のトッ

ワールド

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 5

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 6

    トランプの外交政策は孤立主義か拡張主義か

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 10

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系…

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!