ニュース速報

ビジネス

スマホ「5000円以下」の料金プランを=総務省有識者会議

2015年12月16日(水)16時38分

A woman waits for visitors in front of a smartphone accessories booth at Wireless Japan 2012, a smartphone and mobile phone technology exhibition, in Tokyo May 31, 2012. Japanese factory output rose in April at a slower pace than expected, in a discouragi

[東京 16日 ロイター] - 携帯電話料金の引き下げ策を検討してきた総務省の有識者会議は16日、データ通信をあまり使わないライトユーザーや長期利用者の負担を軽減する料金・割引プランの創設などを盛り込んだ報告書を取りまとめた。

ライトユーザー向けの料金プランを5000円以下に引き下げることを要請したほか、スマートフォンを「実質ゼロ円」にするような高額な端末購入補助を抑制するために、総務省にガイドラインの策定を求めた。

高市早苗総務相は会合で「生活インフラとしてのスマートフォンがさらに多くの人に使ってもらえるよう、競争の質を変えていく。サービスや料金面で多様性があってわかりやすい、安心して使ってもらえる姿を目指し、しっかりとした方針を策定する」と表明した。報告書を受け、総務省は週内にも対応策を公表する。

報告書では、ライトユーザー向けの料金プランとして「対象年齢や機種を限定して提供されている5000円以下のライトユーザー向けプランの価格帯も参考に、年齢や機種を限定せずライトユーザーも利用しやすいスマートフォンの料金プランを提供すべき」と提言。具体的には、より少ないデータ容量プランの創設や、低廉な国内通話かけ放題プランと少ないデータ通信プランの組み合わせの柔軟化などを求めた。

現在、一般向け料金プランでもっとも安いのはKDDI(au)<9433.T>が1回5分以内の国内かけ放題とデータ容量3ギガバイトを組み合わせた6200円、NTTドコモ<9437.T>とソフトバンクが国内かけ放題とデータ容量2ギガバイトを組み合わせた6500円となっており、報告書は事実上、データ容量1ギガバイトかそれ以下のプランの新設や、1回5分以内の国内かけ放題プランを2ギガバイトや1ギガバイトのプランと組み合わせることができるよう要請した格好だ。

さらに長期利用者の負担を軽減する割引プランを求めたほか、仮想移動体通信事業者(MVNO)の参入を阻害するおそれがある端末代金の「実質ゼロ円」にもメスを入れた。「スマートフォンを実質ゼロ円にするような高額な端末購入補助は著しく不公平」とし、その見直しに向けて「総務省がガイドラインの策定を検討すべき」と明記した。

このほか、MVNOをより普及させるために、サービスの多様化を可能とする大手携帯電話会社の加入者管理機能の開放促進も求めた。

*カテゴリーを追加しました。

(志田義寧)

ロイター
Copyright (C) 2015 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ベネズエラ野党指導者2人、反政府デモで負傷

ワールド

英の対テロ戦略に欠陥、監視国家に向かう恐れ=国連報

ワールド

プーチン露大統領はイスラム国以上の脅威=米共和党マ

ワールド

EUトルコ首脳会談、新たな合意ないが雰囲気は良好=

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 4

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 5

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 6

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 7

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 8

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 9

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 6

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 7

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 8

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!