コラム

トランプ「スパイ」説を追え

2017年12月05日(火)16時30分
トランプ「スパイ」説を追え

安倍首相ら世界の首脳はトランプのエゴをうまく利用してきた ILLUSTRATION BY LINCHEVSKA-SHUTTERSTOCK

<金銭力やエゴをくすぐられてプーチンに操られる大統領――諜報専門家が読み解く数々の疑惑と証拠の信憑性>

真実は時に、誰も口にできないほど恐ろしい。だが、あえて言おう。ドナルド・トランプ米大統領は諜報専門家が言うところの「ロシアの資産」だ、と。

つまりトランプは国家に対する反逆者であり、米国において最も重い刑罰に値する罪を犯している。アメリカ合衆国は南北戦争開始で大混乱に陥った1861年以来、最悪の憲政の危機に直面している――。

こんな「暴言」をなぜ吐けるのか。その根拠はあるのか。

トランプをめぐる事実の数々、彼の発言や政策からはある結論が導き出せる。トランプはロシア情報機関の故意の協力者(専門用語では「資産」、一般的に言えば「スパイ」)か、ロシア情報当局によって「意識しないまま」利用されている人物だ。この2つは二者択一的なものではなく、1人の人物がその両方になる場合もある。

米政治は昨年の初夏以来、トランプいわく「ロシア絡みのこと」に振り回されてきた。きっかけはFBIとCIAが、米大統領選にロシアが介入していると政府上層部に報告したこと。この問題はトランプの大統領就任後、米政権にとっての脅威かつ障害と化している。

MI6(英国情報部国外部門)元職員のクリストファー・スティールが昨年前半から調査・作成していた文書は、トランプの側近と家族がロシア情報当局の関係者や高官と何度も面会していた事実を指摘している(この文書は今年1月上旬、米メディアに全文が掲載された)。

トランプは1月下旬の大統領就任直後、自分に敵対的なジャーナリストを逮捕できるかと、FBIのジェームズ・コミー長官に尋ねた。否定したコミーが電撃解任されたのは5月。トランプに「忠誠を誓う」ことを拒否したためとされる。これを受けてFBIを管轄する司法省は、ロシア疑惑の独立調査を指揮する特別検察官にロバート・ムラー元FBI長官を任命した。

トランプとムラーおよびメディアが対立する構図のなか、米政治の危機は拡大を続ける。共和党指導部は党利のためトランプ支持を掲げざるを得ない状態のまま身動きが取れず、米国民の3分の2を占める反トランプ派は危機感を抱き、識者の間ではアメリカが今後10年以内に内戦に陥るとの見方が広がる。

諜報専門家の視点から、より幅広い文脈で一連の問題を捉えた場合、状況はトランプにとって破滅的だ。

ある人物が故国を裏切るように仕向ける際、情報当局者は4つの要素を活用する。「MICE」と総称されるその4つとは、マネー、イデオロギー、コアーション(脅迫)、エゴだ。トランプのケースでは、そのうちの3つが作用している。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

豪労働党の上院議員が辞職、中国との関係巡り疑惑浮上

ワールド

トランプ氏のセクハラ疑惑、下院民主党の女性議員が調

ビジネス

正午のドルは113円半ば、米補選控え手控えムード

ビジネス

ECB、不正会計疑惑浮上後もシュタインホフ債の保有

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    国連事務総長「北朝鮮、対話」を──孤立するアメリカ.…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 7

    トランプを追い込む特別検察官の秘策

  • 8

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 9

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 7

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

  • 8

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!