コラム

中国「輪廻転生廃止は許さない」

2011年03月08日(火)17時26分

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は昨年、後継者は自分が生きている間に指名するか、いっそ選挙で選ぶことになるかもしれないと語った。本来は死後にその生まれ変わりと認定された者が後継者となるべきところだが、それを中国政府に選ばれてしまうのでは、チベット人の支持は得られないと懸念したからだ。

 だが昨日ロイターが伝えたところによると、中国政府は例によってダライ・ラマの考えに猛反発している。


 中国政府に任命されたチベット自治区のパドマ・チョリン主席は、ダライ・ラマに輪廻転生を廃止する権利はないと語り、チベット対する中国の強硬姿勢を改めて鮮明にした。「そんなことは許されない。不可能だと思う」と、北京で開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)の傍らで彼は語った。

「われわれはチベット仏教の歴史的慣例と宗教儀式を尊重しなければならない」と、チベット人で元人民解放軍兵士のパドマ・チョリンは言う。「輪廻転生を失くすなど、人が決められることではない」

 中国政府がチベットの宗教的伝統の将来を案じてくれるなんて、涙が出そうだ。

<訂正>本文中、当初「チベット自治区トップの張慶黎(チャン・チンリー)共産党委書記」とあったのは、中国政府に任命されたチベット自治区のパドマ・チョリン主席の誤りでした。お詫びして訂正します(本文も訂正済み)。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2011年03月07日(月)11時38分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 8/3/2011. © 2011 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ワールド

韓国、対空ミサイルの実射訓練に成功

ワールド

金正恩氏、最先端兵器を「より多く製造へ」 科学者ら

ビジネス

長期金利想定、過去最低に並ぶ1.1%で調整=18年

ワールド

原油先物が上昇、米原油在庫は予想以上の取り崩し

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 9

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 8

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!