コラム

旧ユーゴスラビア訪問雑記(その1)

2009年09月30日(水)12時00分

 この夏、初めて旧ユーゴ諸国を訪れた。セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチアの3カ国である。

 ユーゴ行きは、20年来の夢だった。20年以上前、フセイン政権下のイラクに駐在していたとき、当時のユーゴスラビア国営通信「タンユグ」通信社の記者がいて、良い友達だったのだが、当時社会主義路線をとっていたイラクでは、日本のメディアはもちろん、米英など欧米先進国の報道関係者は自由な取材ができない状態のなかで、独自の社会主義路線をとっていた当時のユーゴの通信社は、イラクでなかなか良い仕事をしていた。その彼の口癖が、「ユーゴはいいところだよ、自然は美しいし、絶対訪ねてみなよ」。

 それから20年。イラクもユーゴスラビアも、激しい内戦と民族対立を経験した。どちらも20年前とは変わり果てた姿で、銃痕、爆撃のあとが生々しいのが、痛ましい。

 そのかつてのユーゴスラビアの首都ベオグラードの街を歩くと、どうも建物の作りが懐かしい気がする。慣れ親しんだ中東、特にイラクの街並みを彷彿とさせるところが、あちこちに見られる。イラクとユーゴスラビアがかつて「非同盟諸国会議」、つまり米国にもソ連にも寄らない、第三世界を代表するリーダー格の国だったことで、両国の交易活動も活発、人やモノが頻繁に行き来していた。そんな過去が建築様式にも反映しているのかもしれない。

 それに限らず、旧ユーゴスラビア、というよりバルカン諸国は全体に、中東に似たところが多々ある。なによりもオスマン帝国に支配された過去を持つ国だ。遺跡はもちろん、生活のあちこちに「中東」的な要素が見つかる。レストランに入ってサラダを頼めば、中東にどこでもあるキュウリとトマトのザク切りだし、デザートのプリンは卵豆腐並みに硬いところが、イラクで食べなれていたものとそっくりだ。

 一番驚くのが、カバブ。挽肉を棒状にした細長ハンバーグのような焼肉は、中東の代表的な料理だが、イスラーム圏の中東では羊肉が当たり前。それがユーゴスラビアの非イスラーム教徒の間では、豚肉なのだ。挽肉をパイ皮で包んで揚げたブリックもそのまま同じ名前で中東の定番だが、こちらも中身は豚肉である。食後のコーヒーは、挽いた豆のまま煮出すトルコ・コーヒーであっても、トルコとは言わず、セルビア・コーヒーと言う。かつての支配者の名前とイメージはなるべく払拭したいのだろう。

 確実に中東地域と繋がっていることを切実に感じさせる文物が溢れるなかで、EU加盟を夢見てひたすらヨーロッパに顔を向ける旧ユーゴ諸国。それぞれの国を訪ねながら、紛争、歴史、宗教と国際政治について、いろいろ考えさせられることが多かった。次回も、引き続き旧ユーゴ訪問雑感をしたためてみたい。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ワールド

イタリア首相、辞意を表明 敗北は「極めて明確」

ワールド

バルス仏首相、大統領選出馬を5日表明へ=報道

ビジネス

三井住友とみずほ、露ガスプロムに950億円融資 日

ワールド

中国・内モンゴルの炭鉱爆発で32人死亡、事故相次ぐ

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 2

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    タイ新国王が即位しても政情不安は解消されない

  • 5

    百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか…

  • 6

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 7

    初の極右国家元首ならず、オーストリア大統領選は親…

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底か…

  • 5

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 6

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 7

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 8

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!