FRB当局者、低インフレを懸念=FOMC議事要旨

2018年1月4日(木)07時59分

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が3日公表した2017年12月12─13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨によると、政策当局者らは現在の低インフレが続く可能性に懸念を示した。

FRBは同会合で、08年の金融危機以降5度目となる利上げを決めた。議事要旨では、米景気刺激策の物価押し上げ効果について当局者らが不透明感を抱いていることが明らかになった。

議事要旨は「ほとんどの参加者は政策金利を徐々に引き上げ続けることを支持した。経済活動と物価の見通し...